札幌聖心女子学院茂仁香会札幌聖心女子学院茂仁香会

2021年度 ごあいさつ 新会長 眞島律子

Majima Ritsuko この度、荻麻里子会長の後任として茂仁香会会長に就任いたしました13回生眞島律子でございます。
昨年から世界中で猛威を振るう新型コロナウィルスが未だ収まらない中、会員の皆さま、ご家族さま公私共に大変な一年を過ごされていることと思います。
今まで当たり前だったことが根底から変わってしまう恐ろしさを経験いたしました。
そんな時に札幌聖心女子学院で学んだ祈る心と現実に静かに向かい合う姿勢を思い起こしました。
ただつらさ、不自由さを嘆くのではなく、その中で大切なことの気づきと振り返り、そしてできることから始めていくという基本的でありながら大切なことは学院で繰り返し学んで参りました。
昨年度は同窓会活動も殆どが中止になり今年度も見通しがたっておりませんが、できる範囲で役員一同お世話になった母校の発展ために世界聖心の愛の絆のもと活動運営していきたいと思います。
今後とも皆さまのご協力をお願い申し上げます。

茂仁香会 会長 眞島 律子

退任ごあいさつ 前会長 荻麻里子

Ogi Mariko 茂仁香会が設立50周年を経て、次の時代に向けて歩き出すという大切な時期に、会長職を拝命し、本部・東京支部役員はじめ、学年幹事や会員のみなさまの多大なるご協力と支えによって任期を全うすることができましたことを、まずは心より感謝申し上げます。
昨年度は、コロナ禍のなか、ほとんどの活動が中止を余儀なくされ、会員の親睦という同窓会の大切な柱の事業を行うことができなかったことは残念でなりません。そのようななかでも、茂仁香会の呼びかけに、みなさまから多くのご芳志が寄せられ、母校への貢献を継続することができました。札幌聖心で学んだ教えは、差別の無い心と自由なスピリット、世界に関心を持ち異なる文化や友人を理解すること。これは、コロナ禍が続く今の世界において、私たちの変わらぬ生き方や持続可能な社会を支えてくれていると感じております。
茂仁香会が、時代に沿った活動を推し進めていくなかで、新たに本部役員及び東京支部役員、学年幹事をお引き受けくださったみなさまには深く感謝いたします。
今後とも、会員のみなさまの変わらぬご理解ご協力をお願い申し上げますとともに、コロナ禍が収束し、みなさまとお目にかかれる機会を楽しみにしております。
2年間、ありがとうございました。

茂仁香会 前会長 荻 麻里子

メモ

スマホ対応になりました。